ありがち車トラブルシチュエーション事例集!

 

車トラブルは、正常な運転の妨げになるものばかりです。たとえば、雨天の運転中にワイパーの性能が著しく低下していたら、クリアな視界が確保できずに重大事故を引き起こす原因になります。事故を起こさなくても、必要以上の集中力が必要な悪条件であることは間違いありませんので、ワイパーの交換を早い段階で行うことが望ましいです。また、前進するようにハンドルを動かしていても、徐々に左右どちらかにマイカーがそれてしまう事例は、タイヤのパンクを疑います。タイヤのトラブルは、運転技術でカバーできるものではありません。マイカーが意図しない挙動を示したり、歩行者をはじめとする交通弱者に危害を加えることも考えられます。応急処置としてスペアタイヤを装着してから、一刻も早く修理をしてくれるお店に向かう姿勢が重要です。最後に、踏切内で立ち往生してしまうトラブルも、忘れてはならないありがちなシチュエーションです。ドライバーや同乗者の安全を確保することを徹底しながら、踏切の非常ボタンを押下、そして発煙筒で周囲に緊急事態であることを伝えなければなりません。公共交通機関に甚大な影響を及ぼしてしまう可能性が高まるので、迅速で適切な対応が求められます。