車のトラブルに挑む際の心構え

 

自動車に乗るということは、便利さや快適さというメリットを受けることができる反面、様々なトラブルに遭うというデメリットも覚悟する必要があります。

一番困るのが交通事故です。人身事故になれば加害者と被害者が生まれてしまいますし、刑事上や行政上の責任、あるいは賠償や保険処理といった問題が発生します。

こうしたトラブルに挑む際の心構えとしては、まずは安全運転を徹底することで事故をなるべく防ぐしかありません。

具体的にはスピードを控えめにする、ブレーキは早めに掛ける、飲酒運転や酒酔い運転は絶対にしないといったことです。

それでも事故を完全に防ぐことはできませんので、もし起きてしまった場合に備えて、任意保険には必ず入っておく必要があります。自賠責保険ではまかないきれない可能性があるからです。

また、自損事故に備えて、専用の保険にも入っておくと万全です。

一方、事故後の対応もしっかり行う必要があります。特に加害者という立場であれば、被害者の人命救護やさらなる事故が発生しないための措置、警察への連絡などを行わないといけません。

点検も日頃から定期的に行っておけば、事故や故障が起きる可能性をさらに減らすことができます。

 

Comments are closed.