車トラブル対処&対策:エンジンがかからない!

車のエンジンがかからないときに考えられる原因は、2つあります。ひとつは、車のバッテリーが弱っていることです。何年も同じバッテリーを使用している車に多く見られる現象なので、近所のカー用品店で新品の製品を購入してから交換すれば対処可能です。また、バッテリーが原因であるときに考えられるのは、経年劣化だけではありません。冬場の寒い日が続いていて、かつ長期間車を使用していなければ、バッテリーの調子が悪くなります。冷えると電力供給能力が著しく低下してしまうため、こまめに車を使用することが対策方法です。また、前回の運転時にガソリンを使い果たしても車は動いてくれません。車の原動力はガソリンなので、動くはずがありません。この場合には、ガソリン缶に燃料を入れてから給油を行うのが対処方法です。うっかりミスも、思い通りに車が動いてくれない原因になります。たとえば、車のキーを間違えていたら、キーシリンダーが回りません。各車には、それぞれ適合した鍵が存在するからです。無理やり差し込んで始動させようとすれば故障の原因にもなりますので、深呼吸をして車のキーが間違っていないかを確認します。以上のどれにも当てはまらなければ、ディーラーや修理工場に助けを求めるほかありません。

Comments are closed.