車トラブル対処&対策:車を長期間使用しない!

自動車を長期間使用しない場合、使用を開始する際に起こるトラブルとしてバッテリーあがりやワイヤーブレードの劣化などが大きくあげられます。まずはバッテリーあがりを防止する方法としてバッテリー端子を外しておくことをお勧めいたします。エンジンをかけていなくてもバッテリーの配線が繋がっていると微量ながら電気を使用しています。日常的に使用するのであればエンジンをかけて走行している際にバッテリーは充電されますが長期間使用しないとなれば電気は使用する一方でそのうち寿命が尽きてしまいます。そうならない為にもバッテリーのマイナス端子を外しておきましょう。そうすることで漏電やバッテリーあがりを防止することができます。また、ワイパーブレードの劣化を防ぐ手段としてはワイパーを跳ね上げておくことをお勧めします。長期間使用しないと雨や雪、小さな埃などがワイパーブレードに堆積し、ワイパーブレードの劣化を早めてしまいます。また、社内の見える場所には荷物を置かないようにしましょう。長期間荷物を動かした形跡がないとイタズラや窃盗の標的とされてしまい易くなります。そういった被害を受けても被害届けを出すのも遅れてしまい、犯人特定が難しくなるため、荷物はできるだけ置かない、もしくは見えない場所に置くよう心がけましょう。

Comments are closed.